審美歯科治療は従来、政治家、ハリウット女優、芸能人、スポーツ選手などがおこなうある種、富裕層の人間たちの治療でした。

しかし、近年、日本でも認知されつつありますが、白く美しく綺麗で自然な歯や歯並びを保つことは、社会的ステイタスとなるだけでなく、社会的モラルの1つと捉えられるようになってきました。

審美歯科治療で大切なことは、より機能的で審美的(美しい)で健康的な歯を求め、審美歯科治療を行う患者様が増えてきていることは事実です。

私たちの考える審美歯科治療はより『自然な歯の色で、機能的で、健康的で』 をコンセプトに、皆様の健やかなライフスタイルの一部となることを切に願っております。

 

 

 

 

■審美歯科治療で大切なこと

 

皆様は審美歯科治療と聞くとどう思いますか?

 

・「きっといつもより特別に綺麗にしてくれる」

 

・「他の歯医者さんと違って審美歯科専門の先生が何かすごい治療をしてくれる」

 

なんて思っていませんか?ちょっと違います。

治療するにあたって歯を奇麗にクリーニングをして、セラミックの白い被せ物を付けて見た目を奇麗に美しくするということは歯科医師であれば当り前のことです。

日本のほとんど歯科医師は審美歯科ができて当たり前なのです。「審美歯科」はあくまで幅広い歯科学の分野の中の一部です。「審美歯科治療」を行う際は見た目だけ綺麗にするだけでなく、噛み合わせ、歯周病の治療もプラークコントロールなどの見た目とは見た目だけとは違う分野の治療も絡んでくるのです。

当たり前のことを当たり前にやれば審美歯科治療になるのです。
皆様も「審美歯科」ということを聞いて特別な治療だと思わず、もっと審美歯科を身近に感じてもらえればと思います。

 

私たちも皆様が綺麗に健康なお口を手に入れて欲しいと願っておりますので、審美歯科で少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。