審美歯科治療で現在、最も注目されているのが、金属を使わないで、身体にやさしいメタルフリー治療という治療です。

銀歯などの金属を使わないで、オールセラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることです。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯ぐきの黒ずみが解消されます。
また、見た目も金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。

今後の歯科治療は金属の治療から金属を使用しない“メタルフリー”の治療がスタンダードとなっていくと言われています。

 

 

セラミック(ノンメタル)の治療のバリエーション

ここでは金属を使用しないオールセラミックス(ジルコニア)の治療のバリエーションを紹介します。

 


口腔内のすべての歯に適用できる方法で、土台となる歯の外側に人工歯としてすっぽりかぶせるタイプです。 セラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効ではないでしょうか。 インプラントとの併用で天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりが期待できます。

 


オールセラミックによるブリッジは強度の高いジルコニアを使用し、透過性に優れた素材のため審美性に優れ、見た目が重要になる前歯部の症例に適応しています。

 

前歯のエナメル層を薄く削り、その上にセラミックを貼り付けるものです。 こちらもセラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効です。よく目立つ前歯でも理想的な光の透過性が高い審美性を発揮します。

 

 

■従来の素材とオールセラミックの違い