静脈内鎮静法による無痛治療

高村歯科医院では、痛みや恐怖感を取り除くためにご希望の方には、静脈内鎮静法による無痛インプラント治療をおこなっております。

この無痛インプラント治療では、寝ているうちにインプラント治療をおこない、目が覚めた時にはインプラントのオペが終了しています。

歯科インプラント治療に対して、怖くてなかなか踏み切れなかった方には、たいへん良い方法です。

 

『今のあなたに必要なのは、我慢することではありません』

 

静脈内鎮静法とは、患者さんの不安や恐怖心を和らげ、快適に治療を受けていただくための方法です。

 

 

 

■静脈内鎮静法をおこなうとどんな状態になるのか
  • 血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。

    数分してお薬が効いてくると眠くなります。ただし、全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。感じ方は人それぞれですが、お酒を飲んでほろ酔い加減のような、うたた寝をしているような感覚です。

 

 

■静脈内鎮静法の効果とは
  • ※不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
  • ※血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
  • ※健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声がかれることも少なくありません 。
  • ※通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。
  • ※点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応することができます。
  • ※異常絞扼(こうやく)反射、つまりお口の奥に器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方にも有効です。

 

 

■静脈内鎮静法を担当するスペシャリスト

高村歯科医院の無痛インプラント治療での静脈内鎮静法を担当するのは、日本歯科麻酔学会専門医の山嵜博義先生と中野みゆき先生がおこないます。

 

静脈内沈静法担当:中野みゆき

 

 

■無痛インプラント治療

高村歯科医院では、今まで不安や恐怖心でインプラント治療になかなか踏み切れなかった方にも、 安心して素晴らしいインプラント治療を受けていただけるように、私自身も『NPO法人歯科学研究所認定高次医療高等医療機関』のインプラント専門教育施設の教官を兼任しながら、 日々技術の研鑚に努めております。

 

経験豊富な日本歯科麻酔学会専門医の山嵜博義先生と中野みゆき先生に、しっかりと麻酔を担当して頂けるので、私はインプラント治療に専念でき、 大変満足のいく治療を患者様に提供できております。